住宅ローン 失業

失業して返済困難になったらどうする?

世の中の景気が悪くなって来ると会社員にとっては失業するリスクが急激に高まり、そして本当に失業してしまったら組んだ住宅ローンも返済できなくなります。

 

住宅ローンの返済が出来なくなりそうになった時、基本的に考えなくてはならない事として、住宅ローンの返済は絶対に焦げ付かせてはならないということです。

 

なぜなら住宅ローンが焦げ付き、差し押さえられてしまおうものなら、裁判所命令により家を出ていかなくてはなりません。

 

また住宅ローン不渡りを出している訳ですから、金融機関側での信用はなくなります。

 

個人信用情報機関へ事故者として登録されてしまうのです。

 

この事故者の登録が厄介で、この事故者としての登録がされてしまうと、10年間は新規で借入できず、分割クレジットなどでものを買うこともできなくなります。

 

従って住宅ローンで焦げ付いてしまうと家は失うわ、個人信用情報機関へ登録されてしまうわで踏んだり蹴ったりになってしまうのです。

 

そこでそれを防ぐために、まず失業した時は貯金の続く限り返済は継続してください。

 

働く人

 

そしてその間に新しい仕事を見つける努力をしてください。

 

しかしそれでも職が見つからず、蓄えが底を尽きいよいよ返済できなくなった時は、まず金融機関へ相談してください。

 

そして住宅ローンの法定競売、または任意売却の方法で検討している事を伝えます。

 

こうする事で家はなくなりますが、自身の信用までは傷付かなくなります。

 

銀行側では万が一に備えて、いくつかの救済策を持っていますのでその策にすがるしかありません。

 

返済できなくなった時は家の事よりも自身の信用を守ることを優先してください。